読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカどきどきドイツ

ドイツ留学やアメリカ生活、言語習得について思ったことをランダムに書いています。

ドイツワーホリ賛否両論

 

ワーホリに対して賛否両論あります。ワーホリでドイツに来てた日本人について書きたいと思います。

 

①日本食レストラン

ワーホリでドイツに来る場合、多くの人がデュッセルドルフを選ぶのではないでしょうか。デュッセルドルフは日系の会社も多くあり、日本人街があります。日本料理屋に入るといらっしゃいませと言われ、日本語のテレビや曲を流し、会計は日本のようにレジ会計済まし、チップはありません。あまりコミュケーションを取る必要はなく、お客もほとんど日本人の場合が多いのです。ドイツ語もしくは英語を使うことはゼロではないが、あまり多くはないと思います。なので語学力がなくとも働くことが可能です。しかし、遊んでるイメージも強く滞在中や帰国後に必ず評価される訳ではありません。

 

②留学

私費留学で行く場合、ワーホリのビザを使う場合があります。学生ビザとは違い希望すればほぼ必ずもらえるビザなので、極端な話思い立ってすぐ留学することが可能です。

 

③海外生活

ワーホリには年齢制限があるため、いままで10年近く働いてきたけど、海外の生活を体験したくてワーホリで来たというパターンです。多くの国もドイツ同様30歳までがワーホリに応募できる年齢です。この場合ドイツ語も英語も出来ないことが多いです。個人的には安定した生活、キャリアを捨て30歳手前でドイツに来るのは思い切った決断ですごいなと思います。

 

ワーホリに行く際は目的を明確にした方がいいと思います。海外に住んでみたかったのか語学を勉強しに来たのか。語学力はただ身体が外国にいれば勝手に身につくものではありません。またドイツではワーホリから就労ビザを貰った人にも多く会いました。多くの人がドイツ語も英語も苦手、あるいはドイツ語なら少し出来るくらいです。逆に言えば優れた語学力能力は必要ないということです。

なんでもいいからとにかく外国に永住したいと強く思うなら、ワーホリは一歩前進です。しかし、職業は限られ海外移住、海外在住という優雅な響きよりも、実際は移民してきた日本人となることを考えた方がいいかもしれません。

 

追記

アメリカにはそもそもワーホリの制度がないので行けるだけラッキーかもしれません。