読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカどきどきドイツ

ドイツ留学やアメリカ生活、言語習得について思ったことをランダムに書いています。

ペラペラ勘違い

 

見せかけの言語能力

 

留学経験したことがある人は少なからずとも一度は、じゃあ、ペラペラなんだね!と言われたことがあると思います。私はペラペラという言葉が嫌いです。ペラペラ=100%の外国語能力という感じもしますし、何をもってペラペラなんだろうと思います。しかし、相手がペラペラだと思う理由も理解ができます。

 

①留学への過剰な期待

身体が外国にいるだけで息をするように言語が身につく訳ではありません。語学学校や大学の勉強があって、そこにプラス要素として外国にいる環境だと思います。留学していれば圧倒的に使う機会、アウトプットが増えるからです。しかし、世間一般では留学と言えば行っただけでペラペラになるという考えが普通だと思います。

 

②言語のパーセンテージ

いわゆるペラペラと思われるようになるのに100%の言語能力は必要ありません。50%でも大丈夫です。むしろどのくらい話を理解しているのかは本人しか分かりません。相手の話に合わせて上手く相槌やリアクションが出来れば、相手は勝手に受け手は全て理解してると思います。また第三者が会話を聞いていて、ペラペラなんだね!と言う場合、その人が言語について何を知らない場合、簡単なことを話していてもすごいことに聞こえたりします。

 

③そもそもそんなに興味がない

言語にあまり興味のない人にとって、言語能力は0か100か2つしかない選択肢です。50も60も存在するのことに興味があまりなく、ペラペラなんだねという言葉はただのお世話です。

 

50%の能力でペラペラというのは騙してるような気がしますが、学ぶ上では自分はペラペラだと思い込むことも大事かなとたまに思います。